紀三井寺の豆辞典

 

紀三井寺にはどんな建物がありますか?
山門 室町時代・永正6年(1509)建立

三間一戸・入母屋造・本瓦葺き
建立以来たびたびの修理を受け、桃山時代の様式を残す。(高欄付きの縁をめぐらせた通路や和様三手先腰組)
欄間には、牡丹と菊の彫刻があざやか。
金剛力士像を安置。
楼 門(国指定重要文化財)
六角堂 江戸時代・寛延年間(1750頃)建立

初代・二代目雑賀弥左ェ門建立。
西国三十三カ所御本尊をまつる。
六 角 堂
鐘桜 安土桃山時代・天正16年(1588)建立

入母屋造・本瓦葺き・袴腰。(腰板張りの下層)
全体に軽快な感じで、鐘楼建造物中の白眉とされている
重要文化財の建造物である。
鐘 楼(国指定重要文化財)
多宝塔

室町時代・文安6年(1449)建立

嘉吉元年(1441年)倒壊した等に替わって再建された。
本瓦葺三間多宝塔。
下層は四本柱の方形、上層は十二本の柱を立て高欄をめぐらせた円形。
室町中期様式・五智如来をまつる。

多宝塔(国指定重要文化財)
本堂 江戸時代・宝歴9年(1759)建立

入母屋造・正面唐破風と千鳥破風・本瓦葺き・九間四面・総欅造り
本 堂(県指定重要文化財)
護国院御殿 江戸時代・宝歴年間・本堂と同時期

紀州徳川家御座所。
護 国 院 御 殿

Next PageNext Page


戻るホームへ戻る