西国三十三ヶ所とは

 西国巡礼の始まりについて、次のようなお話があります。
 奈良の長谷寺(西国八番)にいた徳道という高僧が急な病気でお亡くなりになり、冥途の入り口で閻魔大王に出逢います。
「悪いことをする者が増えて地獄は今、定員オーバーじゃ。汝は特に許すから、娑婆(現世)へ戻り、人々を地獄へ来させぬように、三十三ヶ所の観音霊場を広めよ」
 閻魔大王はこう言うと、徳道上人に三十三ヶ所の宝印を託しました。
 しかし当時の人は、なかなか信じてくれません。しかたなく上人は宝塚の中山寺(西国二十四番)に宝印を埋めて、使命を後世に託しました。
 西国巡礼が本格的に始まるのは、花山法皇が宝印を掘り出された二百七十年のちのことだとされています。
 その後、西国巡礼は一千年の興隆衰退を経て人々の心に染み入り、現在でも巡礼の総数は、年間十万人を下りません。

 さて「巡礼」とは、辞書に、「仏・菩薩・祖師などのゆかりの霊蹟や、仏寺などを巡って参拝すること」とあります。わが国へは中国からその風が伝えられたといわれます。
「西国三十三ヶ所巡礼」とは、近畿・東海の二府五県にまたがる観音さまの霊場を巡拝する作法で、これはわが国における最古の巡礼道です。
 後に、弘法大師の事跡を訪ねる「四国八十八所遍路道」や関東の観音霊場「坂東三十三所観音札所」「秩父三十三所観音札所」が編まれ、さらに全国津々浦々に大小札所が建立され来たりましたが、西国札所はそのさきがけとなったのでした。
 札所の数、三十三は『観音経』(『妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五』)に、「観音様は三十三種に身を替えて、私たち衆生を済度(救済)下さる」とあるのにちなんだことかと存じます。
 巡礼の信仰では、幼い子供達、すれ違う人、いがみ合う喧嘩の相手ですら、観音様のご分身かもしれません。何かを悟らせようとの縁在る出逢いなかもしれないのです。
 実社会にはある男女の違い、貧富の差、立場・地位の高低も、ひとたびオイズルを着、巡礼となれば関係ありません。共に観音様のお慈悲にすがり、この世の苦悩を脱して、安楽の境地にたどりつくために歩く一修行者です。
 一歩一歩「南無観世音菩薩」と心に念じながら札所を目指す。難しい哲学も、堅苦しいしきたりもない、そんな「旅の信仰」………、それが巡礼です。
 札所寺院、三十三の点だけが巡礼なのではありません。ご自身のお宅を出、札所を結ぶ線をたどって再び戻られる。その全ての行程が巡礼です。
 巡礼同士は、互いに拝み会う「合掌の心」でお参りさせて戴きたいものです。
 親族を亡くされ、いたたまれない心を抱いて巡礼に出る方もあれば、朱印を集めるのだけが目的の方、バイクを乗り回すのが楽しみで…という方もおられます。それで良いのです。やがて三十三所の満願を果たしたとき、知らず知らず、何か心にゆとりがお出来になれば、それが、観音様の「ご利益」なのです。
 どうか、お気をつけて、そして楽しみながらお参り下さい。
 札所は、それぞれの季節、それぞれの装いで、皆様のご結縁を待っております。

合  掌